クリスマスのバイトを休む理由は?上手な伝え方のコツと計画

クリスマス

クリスマスや年末年始、バイトを休む時って、どうすればいいんだろうって思いますよね。

特にこの時期は、バイト先も忙しくなるし、休みの理由を申請するのもちょっと気が引けるもの。

でもね、事前にしっかりと計画を立てて、上手に休む方法があるんですよ。

この記事では、そんなクリスマスや年末年始にバイトを休む際のコツや、避けるべきNG行動について、みんなが気になるポイントをわかりやすく解説しています。

約1ヶ月前から理由を伝える場合

周囲の人のスケジュール調整を考慮して、クリスマスのバイトを休むことは、他の人の仕事負担を増やしてしまいますよね。

だからこそ、相手への思いやりを持って、シフトが決まる1か月くらい前には、クリスマスに休みたいという希望を伝えることが大切ですよね。

事前に伝えることで、直前や当日に比べて休むチャンスがぐんと上がるんです。

理由も周りの人が「しょうがないかな」と納得しやすいものが多く、他のスタッフに嫌な顔をされることも少ないんですよね。

万が一当日に顔を合わせても、事前に話しておけば言い訳もしやすくなるんです。

まずは「予定がある」と伝えよう

とにかく「予定がある」という事実を伝えましょうね。

ブラックな職場でなければ、ほとんどの場合休ませてもらえるはずです。

その際には、一言感謝の気持ちを伝えるのを忘れないでくださいね。

もし、他の日に人手が足りない時があれば、その日は手伝うと言っておくと良いですよ。

もし「休むかも」なら、それも伝えておこう

クリスマスのバイトを休まなければいけなくなる可能性があるなら、伝えておくと良いですよ。

プライベートで何か用事が入りそうな時は、その可能性が出てきた時点でバイト先に知らせましょう

クリスマスの日にあなたを頼りにしていたとしても、可能性を伝えておけば、シフトに入れずに計画を立ててくれるでしょう。

この日は◯◯があるかもしれませんから、バイトを確実に約束できないんです

こんな風に話しておくと、両方にとって良い結果になりますよね。

クリスマスイブはバイトに入れますよ

クリスマスには休みたいけれど、クリスマスイブはなんとかバイトに出れそうなら、そのことを伝えてみましょう。

「クリスマスは予定があるので休みたいんですが、イブは出れますよ」と話すと、単に「休みたい」と言うよりも受け入れられやすいかもしれませんね。

ただし、体力的に大変かもしれませんので、本当にクリスマスイブにバイトに出れるかどうかは、よく考えてから伝えましょうね。

「出れる」と言ってしまったら、休まないように注意してください。

クリスマス前にがんばりましょう

クリスマスシーズンは、クリスマス商戦に向けて準備が始まり、バイト先も忙しくなりますよね。

そこで、クリスマス前の出勤を増やして、その代わりにクリスマス当日は休むという方法もあります。

クリスマスがピークの忙しさになることはありますが、その前の準備期間もとても重要です。

その期間にたくさん出勤すれば、クリスマス当日に休むことを理解してもらえるかもしれません。

バイト仲間とも相談してシフトを調整すれば、クリスマス当日に休みやすくなりますよ。

​​年末年始はバイトに入れます

クリスマスもクリスマスイブも予定がある人はたくさんいるでしょう。

そんな時、繁忙期のこれらの日に休むのは言いづらいですよね。

その場合は、さらに忙しい時期である年末年始にバイトに出れることを伝えてみてはいかがでしょうか。「クリスマスは予定があるので、年末年始は出れます」と話すのが良いでしょう。

もちろん、これもバイトに出れるという前提での話です。そして、クリスマスの1か月前には伝えるのが望ましいですね。

年末年始の予定は立てづらいかもしれませんが、12月28日や29日など、年末年始のど真ん中にならないように日付を指定して伝えると良いでしょう。

​​この時間帯ならバイトに入れます

クリスマスの夜にディナーデートやパーティーなど、昼だけや夜だけ予定がある場合、この方法も良いですよ。

「クリスマスは予定があるけれど、この時間帯なら出れます」と伝えることで、バイト先の手助けができるという意志を示しましょう。

バイト先の方々も、あなたの気持ちを喜んでくれるはずです。

さらに、クリスマスに出勤したという実績も残るので、年末年始に休みをもらいやすくなる可能性もありますよ。

早く帰れるかもしれません

クリスマスと言っても、店によっては意外と忙しくない場合もあるんですよ。

時勢によっては「意外と暇だった」ってことも。

例えば飲食店で、ファミレスや外食チェーンは忙しいですが、食堂や牛丼店などは恋人や家族で行かないから、暇なこともあります。

特に忙しいのは夕方のディナータイムで、それが過ぎれば客足も落ち着くことが多いんです。

そのため、閉店時間まで働かなくてもいいかもしれませんし、交渉次第で早上がりも可能です。

完全に休むわけではありませんが、早く帰れればクリスマスを少し楽しむ時間ができますよね。

クリスマスに休めない場合の最終手段として考えておくと良いでしょう。

代わりの人を探して相談しよう

クリスマスにバイトを休みたい時、事前に代わりの人を探して相談するのもいい方法ですよね。

そうすれば、バイト先に迷惑をかけずに済みますが、代わりに出てくれるバイト仲間には感謝の気持ちを忘れずに

ちょっとしたお礼も良いですよ。たとえば、バイト仲間が好きなお菓子や飲み物など。

もし何かプレゼントを考えるなら、今年のトレンドカラーを取り入れるとさらに喜ばれるかもしれませんね。

こうすると、今後のバイト仲間との関係も良好になるでしょう。

大切な行事があるんです

遠方に行く予定があるときは、正直に伝えるのが良いでしょう。

結婚式や法事などの大事な行事があると伝えれば、「仕方がないね」と思ってもらえる可能性が高いです。

ただし、近くでクリスマスを過ごすときは、バイト仲間に見られてしまったら困るので、遠方に行く予定のある時に限りましょう。

​​身内の行事があるから

12月は師走で忙しい時期ですよね。家族の行事がクリスマスに重なることも珍しくないです。

ただ単に「予定がある」というよりは、「​​身内の行事がある」と伝える方が、バイト先も納得しやすいです。

ただ、身内で集まる習慣がない場合は、少し違和感を覚えるかもしれないので、使うかどうかは住んでいる地域によって考えましょう。

ライブがあるんです

クリスマスにライブがある場合、どうしても行きたいアーティストのチケットが当たったことを強調しましょう。

「ずっと楽しみにしていた○○のライブがあるんです」と伝えると、理解してもらいやすいですね。

ライブの日程は早めに分かるので、事前に伝えるメリットもあります。

本当にライブが理由なら、イブに出れることをアピールしておきましょう。

​​帰省します

大学や仕事で実家を離れている場合、帰省は重要な予定ですよね。

最近は帰れなかった人も多いので、「帰省するから」という理由にはバイト先も理解を示してくれるかもしれません。

ただ、近くでクリスマスを過ごす予定の方は避けた方が良いでしょう。

ボランティア活動で忙しいんです

クリスマスには、福祉施設でのクリスマス会のお手伝いをすることを理由にするのもひとつの方法ですね。

実際に、児童養護施設や老人ホームなどでクリスマス会を開催するボランティア団体は存在していますから、「そのために休みたいんです」と伝えることは全然OKですよ。

ボランティア活動をするというのは、バイト先での評価も高まるかもしれませんね。

だから、この理由は比較的安全で、好印象を与える可能性があります。

​​学校の行事で忙しいんです

大学や高校で冬休みに学校行事があることもありますね。

この場合は、バイトどころかプライベートも難しい状況です。

「学校の予定が入っていて」と正直に伝えれば、バイト先も理解してくれるでしょう。

そうすれば、年末年始のシフトに入ることも回避できるかもしれませんね。

日頃の頑張りが肝心

クリスマスに休めるかどうかは、普段のあなたの行動が大きく影響します。

日常的に誠実にバイトしていれば、クリスマスの休暇も取りやすくなりますよ。

あなたが休むことにより、代わりに勤務してくれる人も見つかりやすいです。

しかし、もし遅刻が多かったり、仕事をサボっていると、休みを取りたい時に難しい状況になるかもしれません。

バイトでも、日々の行動が人間関係に影響を与えます。大切な日に休むためにも、普段から手を抜かず、一生懸命働くことが大切です。

信頼されていれば、クリスマスを楽しく過ごすことができますよ。

直前・当日に理由を伝える場合

クリスマスにバイトを急に休むことを伝えるのは、なかなか大変ですよね。

言い出せずに、気づけばクリスマス直前になってしまうこともありますよね。

そんな時は、どうしても休みたい場合、以下のような理由が考えられます。

ただし、これらの理由で休むと、職場や同僚からの評価が下がる可能性があるので、休むならその覚悟が必要ですよ。

ぎっくり腰 (この場合、当日だけでなくその後もしばらく休む必要がありますね)

ひどい生理痛 (女性に限定されますが、頻繁に使うとシフトが変更されるかもしれませんね)

家族の病院への付き添い (突発的なものなので伝えやすいですが、少し想像力が必要になります)

お腹の調子が悪い/下痢飲食業の場合はノロウイルスなどの疑いもあるので注意が必要です)

財布を落とした警察への届け出などで時間がかかります。しかし、これは一度しか使えない理由ですね!)

急な休みの理由を伝える時は、どんなに小さな理由でも、正直に伝えるのが一番です。

しかし、どうしても休む必要がある場合は、上記のような理由を検討してみるのも一つの方法です。

ただし、これらの理由を使う場合は、後々の職場での立場に影響する可能性もあるので、慎重に判断しましょう。

正直に話すのがベスト

いろいろな理由があるかもしれませんが、できれば、休む理由を正直に話すことがベストなんですよね。

例えば、もしもう予定が入っていて、バイトを休みたいと考えたときのことを考えてみてください。

そうすると、店長さんやスタッフの方たちにも追加の仕事が発生しちゃうんですよ。

・代わりの人探し

・シフトの見直し

予定を変更するというのは、こうした追加作業が必要になるんですよね。

もし、「これは嘘かな?」って感じるような理由で休むって言われたら、聞く方もちょっとがっかりしちゃいますよね。

だから、相手の立場になって考えて、休む理由は素直に伝えるようにしましょう。

そうすれば、その後の人間関係もより良好になると思いますよ!

クリスマスバイトを休む時のNG行動

当日の無断欠勤

クリスマスや年末年始にどうしてもバイトを休みたくなる気持ちは理解できます。

でも、バイト先に相談せずに当日に無断で休んでしまうのは、後々大きなトラブルの原因になります。

このような行動は、バイト先での人間関係を大きく損ねることになりかねません。

無断で休むということは、絶対に避けるべきですね。

シフトに穴を開けることは、他のスタッフに大きな迷惑をかける行為ですし、その結果、バイト先での居場所を失うかもしれません。

さらに、無断欠勤の罪悪感は、その後の心にも重くのしかかります。

バイトをサボった後の罪悪感に苛まれ、本来楽しむはずのクリスマスを心から楽しめなくなるでしょう。

そして、毎年クリスマスが来るたびに、その嫌な思い出が頭をよぎってしまうかもしれません。

バイトをやめてしまう

クリスマスに休めないからといって、「バイトを辞めます」と伝えるのは、良くない選択です。

どんなに人手が足りない状況でも、絶対に避けるべきです。

仮に辞めることを承諾されても、その期間は非常に気まずい雰囲気になるでしょう。

また、簡単に辞めさせてもらえるとは限りません。

クリスマスは毎年訪れます。1日か2日の楽しみのためにバイトを辞めるのは、結局は自分が損をすることになります。

一時の感情に流されて後悔することのないよう、軽はずみな決断は控えましょう。

職場近くでのデート

バイトを休む時は、特に職場の近くでデートをするのは避けた方が賢明です。

バイト仲間や上司、先輩に街中で偶然会ってしまう可能性がありますからね。

もし体調不良や家族の看病などを理由に休んでいるのに、街中で楽しそうにデートしている姿を見られたら、とてもキマズいですよね。

その場合、嘘や言い訳がバレてしまう可能性が高くなります。

そうならないために、もしクリスマスにデートの予定があるなら、職場の近くではなく、家でのんびりとデートを楽しむのがいいでしょう。

また、もし外出する場合は、バイト先からかなり離れた場所でデートを計画することをお勧めします。

これならば、バイト仲間や上司に偶然出くわす心配も少なくなりますね。

クリスマスに休む理由が時代とともに移り変わっている

以前はクリスマスに休む=恋人とのデートという考え方が多かったようです。

実際、クリスマスの日を恋人と過ごすために休む人も多くいました。

しかし、今では恋愛を重視する風潮が昔に比べて減っており、恋愛目的でクリスマスに休む人も少なくなっています。

私の昔のバイト先でも、店長が驚くほど多くの人がクリスマスにシフトに入っていましたし、店長としても休むスタッフにはそれぞれの理由がありました。

私自身もバイト時代にクリスマスに休んだことがありますが、それは恋愛以外の理由からでした。

現代では、クリスマスに休む人を見ても、必ずしも恋愛目的とは限らないことを覚えておく必要があります。

友達や家族と過ごすために休む

クリスマスを恋人ではなく、「友達」や「家族」と過ごす人もいます。

友達や家族と一緒に過ごすために、バイトのシフトを避けて休む必要が出てくることもあります。

このような理由でクリスマスを休む人も少なくないです。

家族と過ごすために休む人は少ないかもしれませんが、そういうケースもありますし、誰かと過ごすために休む場合、その相手が恋人であるとは限らないのです。

恋人と過ごすために休む

もちろん、恋人がいる人や恋愛を重視する風潮が減ったとはいえ、恋人とクリスマスを過ごすために休む人がいなくなったわけではありません。

クリスマスに休む人の中には、恋人との予定がある場合も十分に考えられます。

恋人がいる、またはそういう素振りがある人なら、その日を恋人と楽しむために休むこともあり得る話です。

クリスマスバイトのきつさを理由に休む

クリスマスのバイトは、職種によっては本当に大変なんです。

普段よりも多くの仕事が発生することが多いのです。

例えば、コンビニではサンタクロースの格好で接客するスタッフもいたり、クリスマスチキンの呼び込みをする店舗もあります。

また、クリスマスプレゼントを扱うお店やケーキ屋さんなどは、普段より混雑して忙しくなります。

例えば、私が以前働いていたゲームやおもちゃを扱う店舗では、クリスマスに売上が普段の倍以上になることもありました。

しかし、クリスマスには特別なボーナスが出るわけではなく、普段と同じ報酬で仕事量が増えるため、休んだ方がいいと考える人もいます。

実際に、私が働いていたお店のスタッフも、この理由から休んでいましたし、私自身も同じ理由で休んだことがあります。

アルバイトにとっては、店の売上は直接的な関係がなく、クリスマスに頑張るほどの時給ではないと感じるかもしれません。

ですから、この理由で休むことは何も悪くないのです。

さらに、中にはクリスマスの日に別の日雇いのバイトをしているスタッフもいます。

クリスマス限定のバイトは時給が高いことが多いため、労力対効果を考えればそちらの方がある意味「賢い」というわけです。

その他の予定で休むことも

クリスマスだからといって特別な予定があるわけではない人も多いです。

12月24日や25日はクリスマスであると同時に普通の日でもあります。

そのため、普段の用事がたまたまクリスマスと重なることもあります。

私自身も、歯医者の予約が24日にしか取れず、そのために休んだことがあります。

クリスマスに休んでいるからといって、それがクリスマスに関連した理由であるとは限らないわけです。

多忙な人の場合は、クリスマスだろうと他の日だろうと、空いている日に予定を入れていくしかないのです。

バイト先でのエピソード

クリスマスや年末年始のシフトはバイトスタッフにとって大きな悩みの種です。

この点について、私の過去の体験談を共有したいと思います。

ある年のクリスマスシーズン、私は祖母の家に帰省する予定があったため、30日から2日までの休暇を取りました。

クリスマスは25日と26日が予定が入っていたため、24日にバイトを入れようと思い、他の日は可能な限り入るようにシフトを書きました。

面接時に年末年始は入れないことを伝えていたのですが、シフトを渡す際には内心申し訳なさを感じていました。

しかし社員からは、「年末年始かクリスマスのどちらかは入らなければダメ」と言われ、「25日は休めても26日はダメ」とのこと。

通常土日に働くことが多いので、人手不足の事情も理解していましたが、26日はすでに友達との約束があったため、どうすることもできませんでした。

その後、予定のない友達がシフトを出した後、社員から「こんなに入れる人がいるのに、あなたは何も思わないの?」と言われ、私はシフトを変更できず、どうしようもない状況で、イライラと共に涙が溢れてしまいました。

涙を見せたくなかったのに、止めることができませんでした。

結局、友達に予定を変えてもらい、26日の朝に3時間だけ働くことになりました。

もちろん、年末年始に入れないことは申し訳なく思っていますが、帰宅後になぜこんなことを言われなければいけないのかと悩みました。

まとめ

この記事では、クリスマスや年末年始にバイトを休む際の様々な側面について触れてきましたね。

クリスマスにバイトを休む理由の伝え方や、休む際のNG行動など、いろいろなアイデアが出てきました。

特に重要なのは、日頃の行いや、バイト先とのコミュニケーションですよね。

普段から一生懸命働いていれば、休みたい時に理解を得やすいですし、バイト先の人たちと良好な関係を築いておくことも大切です。

休む際には、無断欠勤やドタキャンは絶対に避けるべきですし、クリスマスに休む理由としては、恋人とのデートだけでなく、友達や家族との時間、または単純にバイトの大変さを理由に休むこともあります。

しかし、どんな理由であれ、事前にしっかりと休みの申請をすることが重要ですね。

私の経験から言うと、年末年始のシフトで困ったことがあっても、感情的にならず、冷静に対応することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました